忍者ブログ
http://srep.blog.shinobi.jp/
さいたま美術展<創発>プロジェクト/Saitama Resonant Exhibitioins Project
WRITE ≫  ADMIN ≫
埼玉における美術活動の有機的な連携を目指して、松永康が、随時その状況について思うことを書き連ねてゆきます。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[12/05 小川町伊東]
[11/02 大園 弥栄子]
[06/24 NONAME]
[06/24 NONAME]
[11/13 松永です。]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
松永康
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
[41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] [31]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 先だってのアメリカ大統領選挙にあたり、バラク・オバマは芸術政策として「Barack Obama and Joe Biden: Champions for Arts and Culture」というマニフェストを出した。メセナ協議会による訳文が次のサイトに掲載されている。
http://www.mecenat.or.jp/news/kmknews/special_obama.pdf

 この中に「芸術家組合を創設します」という項目があり、そこに「シカゴでの調査によると、教育カリキュラム全般に芸術を組み込んだ低所得学校の生徒の方が、そうしたプログラムを持たない学校の生徒より、テストの成績が早くよくなったことが明らかになっています」という記述がある。ここで言う「シカゴでの調査」がどのようなものか非常に気になったので調べていたところ、2005年1月8日付のワシントンポスト紙に、これに関連した記事が掲載されていることがわかった。
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A57870-2005Jan7.html

 内容は、小学校の授業において主要科目に図工の要素を取り入れることで効果が高まるということであり、それが直接、芸術家の雇用と結びつくものではなかった。しかし、教育と美術のあり方を考える上でさまざまな示唆を与えると思うので、その訳文を紹介する。


 教育の成功をもたらす図工

 ニック・ラブキン、ロビン・レドモンド

 ワシントンポスト、2005年1月8日(土)、A19ページ

 秋。シカゴの低所得地域にある学校の4年生は、興奮気味に注目され取り囲まれた。彼らは、作文の授業の一環として互いに肖像を描き合っている。彼らは熱中しており、壁に掲げられたたくさんの作文と絵は、学習と成果が本物であることを証している。この建物ではほとんどの教室で、図工と他の科目を関連づけながら発見の威力を示している。
 同じ日、別のシカゴの低所得者学校で、4学年の生徒たちがクラスメートへのちょっとした注意事項を読むのを椅子に座って待っている。彼らは「妹を叩かない」、「宿題をする」とつぶやく。壁に子どもたちの作品はなく、学習の形跡もない。その代わり、生徒が守るべき決まりを書いたポスターが貼られている。「自由とは何か?」と誰かが訪ねる。自由とは自己制御の賜物、という答えが暗示される。
 新たな経済は、創造性、適応性、チームワークなどの高く秩序だった技能を必要とするが、低所得地域のほとんどの学校では、学習における「基礎」的な技能や試験、規律というものを狭く捉えて執心している。生徒が退屈して学習を放棄しないよう、試験と規律とで絶え間なく追いまくる。
 前出の学校やその他いくつかの学校では、主要科目に図工を組み合わせることでさらに有効な手段となることを証明しつつある。無選抜校でありながら、近年、最高得点を達成したシカゴのエッジブルック小学校の校長は、その成功について図工を取り入れたことを挙げている。「私たちは試験の点数にマイナスの影響があるのではないかと心配していました」とダイアン・マシェジェフスキーは述べた。「しかし、現実には逆のことが起きました。」
 調査の進
行に従い、彼女の主張を裏付けるデータがもたらされている。調査23:図工の統合を行ったシカゴの学校では、人口統計学上同等の学校と比較して試験の点数が2倍の速さで上昇した。ミネアポリス・プログラムの研究では、図工の統合はすべての生徒に対する本質的な影響を示しており、特に境遇に恵まれない生徒に顕著な効果を与えている。収穫は基礎学習や点数の先にある。生徒はより考えるようになり、学習技能を高め、学ぶことに深く傾倒していく。
 この調査はまた、図工の統合によって教員が自信を持ち挑戦的になることを示している。都市部の学校について調査している著名な社会学者のカレン・シーショアは、ミネアポリス・プログラムについて「私たちが見た数多くの教師の中で、最も精力的な専門的開発実践」と呼んだ。
 図工が境界を越えて他の科目と手を結ぶとき、それは認知科学で言うところの理想的学習の条件を満たす。シカゴ大学の研究者はそれを確実でやりがいのある知的作業と呼んでいるが、この授業方式はより実用的で組織的なものを提供している。すべての教科は図工を通して目に見える学習となる。教員による生徒の評価も上がる。
 図工を統合した授業は、授業内容を自分自身の経験としばしば重ね合わせ、またグループ作業によりしばしば教室を学習共同体に変えるため、生徒は感動をもって意識を集中させる。これらの教室の変化は、学校をさらに広範な変化の階段へと進める。指導計画を柔軟に変化させることで、有意義な問いに対する関心を持続させた。父兄が学校に巻き込まれる。教師は指導者としての新たな役割を共に担う。
 こうした成功は、図工が情緒や表現だけの教科でないことを明らかにする。それらは深い認知でもある。図工は、世界に対する注意深い観察、観察や想像から得たものを心の中で描写すること、複雑なものを抽象化すること、パターンを認識し展開させること、象徴と隠喩の表現、質の判断などといった、思考を行うための道具を開発させる。科学、哲学、数学、歴史などにおいても、私たちは同じような思考のツールを使っている。そして図工の利点は、それが、社会性と情緒の発達に向けた認識の成長につながっているというところだ。生徒たちは、何を学ぶべきか、科目と生活との関係、彼らの理解力の深まり、さらに真剣に学び、そして互いに学び合うことをより深く意識する。
 学校が基礎学習に焦点を当てている限り、生徒たちは高い技能を求める経済の中での仕事に備
えることができない。学校が最低ラインの上で静かにしていることを求める限り、生徒たちは自分で考えることを学ばない。シカゴやミネアポリス、その他の実践の成功は、多くの学校や地域にとって図工の統合がすぐにでも始められることを証明した。授業の中で図工と学習を結びつけることが、基礎学習と規律への無駄な執心を超越し、関心の格差を是正して学校を幸福な場所にするための戦略であることを、調査は示しているのではないか。今こそ多くの地域と学校がこの戦略を採るときである。

 ニック・ラブキンはシカゴ・コロンビア・カレッジ芸術政策センターのエグゼクティブ・ディレクター、ロビン・レドモンドは副責任者。『絵の中にアートを置く:21世紀の教育再構成』編集。

 © 2005 ワシントンポスト社
 松永康訳

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 五十路のチビジ ] All Rights Reserved.